医療レーザー以外の脱毛方法

医療レーザー以外ならどんな方法がある?

医療レーザーは医療機関でしか受けることができません。
では、それ以外の方法…つまりは脱毛サロンなどではどんな方法でやるのでしょうか?

それは、「針脱毛」や「光脱毛」と呼ばれる方法となるようです。

針脱毛(ニードル脱毛、電気脱毛)

昔は、この針脱毛が主流となっていました。

その名前からも想像できるとおり、毛穴の一つ一つに特殊な細い針を差し込んで電流を流し、毛乳頭を電気破壊!
一つ一つ完璧に近い形で脱毛していくので、毛が再生されていく可能性が低く、まさに完全脱毛といっても過言ではないほどです。

しかも、色素沈着をおこしてしまった部位でも脱毛OKなのですからすごい。
ただし、一つ一つの毛穴に針を入れるのですから、その手間は相当なもの…時間もかかるのも納得です。

しかも、かなりの痛みが伴うというのですから怖い。
料金も高いものとなっています。

光脱毛(フラッシュ脱毛)

光脱毛は特殊な光を発光させて、そのエネルギーで毛根を破壊させて脱毛する方法。

後者においては、医療レーザーと同じ仕組みとなっているのですが、その光のエネルギーは弱いものであり、脱毛効果は医療レーザーに比べて弱いものとなります。
痛みもほとんど無いのが嬉しいところ。

ムダ毛の黒い部分に反応して毛乳頭の発育を抑えるので、治療を続けていくことで少しずつ目立たなくなってきます。
毛根組織を破壊するものではないので、お肌の事を考えると優しい脱毛方法といえます。

ただ、永久脱毛にはなりにくく、時間が経つとまたにょっこりと毛が顔を出す事も…。
とはいえ、そう頻繁なものではなく、脱毛以前におこなっていたような自己処理レベルにまではなりません。

レーザーの出力が弱いの通院する期間は長いものとなるものの、1回あたりの料金は医療レーザーに比べて安いものとなっています。
また、施術者は医師ではなくサロンのスタッフ。
それなりの教育を受けているとはいえ、やはり施術に関する技術の差…というのは出てしまうようです。
腕の良いスタッフに当たるといいのですが、そうじゃないスタッフに当たると大変そうです。

医療レーザー以外での脱毛となると、針脱毛か光脱毛。
どちらも良いところがあれば悪いところもあるわけで…医療レーザーもひっくるめて、目的と自分の肌に合わせて選ばないといけないようです。

トップへ戻る